防災対策

公開日 2018年02月05日

更新日 2018年12月27日

防災対策

 大雨や台風などの自然災害に備え、気象情報をなるべく多く収集し、早めの避難を心掛けましよう。

 

家庭での防災対策

 

【屋内では】

  • ■停電に備えて、懐中電灯やラジオの準備をする。
  • ■避難に備えて、貴重品などの非常持ち出し品の準備をする。
  • ■台風情報を注意深く聞く。
  • ■むやみに外出しない。
  • ■飲料水等の非常食を確保しておく。
  • ■浸水などのおそれがあるところでは、家財道具や食料品・衣類・寝具などの生活 用品を高い場所へ移動する。
  • ■病人や乳幼児、身体の不自由な人などを、安全な場所へ移す。

 

 

【屋 根】

  • ■瓦のひび・割れ・ずれ・はがれがないか。
  • ■トタンのめくれ・はがれがないか。

 

【窓ガラス】

  • ■ひび割れ、窓枠のガタツキがないか。また、強風による飛来物などに備えて、外部から板でふさぐなどの処置をする。

 

【外 壁】

  • ■モルタルの壁に、亀裂はないか。
  • ■板壁に、腐りや浮きはないか。

 

【雨どい・雨戸】

  • ■雨どいに、落ち葉や土砂が詰まってないか。継ぎ目のはずれや塗装のはがれ、腐りはないか。
  • ■雨戸に、ガタツキやゆるみはないか。

 

【べランダ】

  • ■鉢植えや、物干し竿など、飛散の危険が高いものは室内へ入れておく。

 

避難時の心得

  • ○ラジオ、テレビなどで最新の気象情報を入手しましよう。
  • ○徒歩で避難できる場合は、なるべく徒歩での避難を!
    車を使っての避難には、危険を伴うことがあります。
  • ○町役場などから避難の呼びかけがなくても、各自が洪水や崖崩れなどの危険を感じた場合には、自主的に避難しましょう。

  • 東串良町内の避難所一覧
  • ◎東串良町防災マップ [PDF:10MB]
  • ◎東串良町津波防災マップ[PDF:6MB]

 

避 難 基 準
防災無線・テレビ・ラジオなどから避難情報が出されます。
避難情報の種類 とるべき行動
避難勧告 指定された避難場所に避難を開始
避難指示 避難指示の出された地域にいる全ての人が、指定された避難場

この記事に関するお問い合わせ

総務課
TEL:0994-63-3131

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る