統一的な基準に基づく財務書類等の公表

公開日 2018年11月05日

更新日 2020年05月22日

 これまでの会計制度の財務書類は、現金収支のみの状況を作成していて、資産や負債に関する内容や将来どれだけの負担があるのかが明確でありませんでした。
 平成18年8月に国(総務省)が策定した「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」において、すべての地方公共団体に対し財務書類4表の整備が要請されたことを受け、よりわかりやすい財務情報を提供することを目的のひとつとして、東串良町では、国が示した2つのモデルのうち「総務省方式改定モデル」により財務書類4表を作成してきました。
 また、平成27年1月には総務大臣通知により、平成29年度までに統一的な基準による財務書類等を作成するよう要請され、平成28年度決算からは統一的な基準に基づく財務書類4表を作成し公表します。 

  〇 平成30年度決算における財務書類4表[PDF:2MB]

  〇 平成29年度決算における財務書類4表[PDF:71KB]

  〇 平成28年度決算における財務書類4表[PDF:335KB]

この記事に関するお問い合わせ

総務課
TEL:0994-63-3131

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る